アメリカ・カリフォルニア州中部に位置するヨセミテ国立公園。ロッククライマーの聖地である、このヨセミテで生まれたのが、『GRAMICCI』(グラミチ)である。

1970年代、アメリカで “ストーンマスター” と呼ばれ、ヨセミテロッククライミングをリードしてきた一人のロッククライマー、マイク・グラハム氏が、当時のクライミングウェアにはなかった、180度自然な開脚を可能にした「ガゼットクロッチ」や片手で調整できる「ウェビングベルト」など画期的なディテールを開発。
1982年、これら独自の手法と機能を盛り込んだ『GRAMICCI』のクライミングパンツはカリフォルニアの小さなガレージでその産声を上げた。
『GRAMICCI』の考案したデザイン、そして数多くのディテールは、クライミングパンツにおけるひとつの完成形であり、多くのブランドがこのディテールを取り入れている。

また、ハードコアなクライミングという環境で開発された機能はそのフィールドをタウン(街)に移した時も、“イージー&カンファタブルなはき心地” で多くの人を魅了している。
個人のライフスタイル、そしてファッションが多様化する中、タウンユースのブランドとして定着した『GRAMICCI』も様々なシーン・スタイリングを想定し、素材やシルエットなどで新しい世界観を打ち出している。ライフスタイルブランドとしての “イージー&カンファタブル” の追求、そして“ニュースタンダード”を提案していく。