HAIX(ハイックス)は、1948年創業、Xaver Haimerlがドイツのマインブルグを拠点にワークブーツや登山靴を生産する会社として設立。
現在のHAIXの礎を築いたのは2代目であるEward Haimerl。Ewardも熟練した靴職人であり、マインブルグの消防隊の副所長。彼や同僚たちは消防活動時に着用するゴムブーツに不満があり、1992年により機能的なレザー防火ブーツのデザインに取り掛かり、完成されたものは世界中で人気を博しました。
その直後、消防用だけでなくレスキュー隊、警察に向けたブーツの開発にも取り組み、現在ではあらゆる過酷な環境下で働く労働者のための靴を生産しています。

2003年にアメリカのケンタッキー州レキシントンンに子会社を設立し北米マーケットを確立しました。2009年には、より生産数を増やす為、クロアチアに高度な技術を備えた自社工場を設立。現在では年間150万から200万足生産され、世界中の様々な場所や用途で使用されています。

HAIXは100%“MADE IN EUROPE”です。素材や付属も全てヨーロッパ製のものを使用しています。現在も本社はマインブルグにあり、実験室には最新機械を導入しており、商品研究開発やデザイン、最新技術によるテスト、マーケティングを主に行っています。